【20%還元スタート!】LINE Payの登録・利用方法について

 

メッセンジャーアプリのLINEで利用できる「LINE Pay」!

「Pay Pay」に負けじとファミリーマートでの20%還元がスタートします。

一度設定してしまえば便利なLINE Pay、使わない手はありません!

そもそもLINE Pay(ラインペイ)って何?

「LINE Pay」はクレジットカードを持っていない人でも、銀行口座の登録や現金でチャージができて、加盟店での支払いやLINEの友達に送金・割り勘ができるオンライン決済サービスのことです。

クレジットカードを持っている人でも、銀行口座や現金でチャージできるので、使い過ぎ防止にもなります。

更に「LINE Pay」は、利用料金・振込手数料無料で使うことができます。

余計な所でお金を取られないのは嬉しいですよね。

LINEの友達であれば銀行口座を知らなくても手数料無料で送金ができるので、とても便利なサービスです。

LINE Pay(ラインペイ)の登録方法

LINE PayはLINEアプリから登録します。

「ウォレット」をタップして、LINE Payの申し込み画面の「はじめる」をタップ。

 

利用規約にチェックして「すべてに同意」

これでLINE Payの新規登録が完了してLINE Payが使えるようになります。

本人確認(銀行口座登録)で様残な機能が利用可能

LINE Payは本人確認の登録を行うと、LINEに登録されている友達に送金・割り勘、LINE Payの残高を現金で出金(銀行振込)ができるようになります。

本人登録は銀行口座を登録することで完了します。

銀行口座を登録するだけで便利な機能が使えるようになるだけでなく、LINE Payを使うことで貯まるポイントも貰えるので、登録しておくことをオススメします。

本人確認の登録方法は、LINE Payの「設定」をタップ。

次に「設定」の「本人確認」をタップ。

「本人確認」を選択して、銀行口座を登録すれば完了です。

登録できる銀行口座は、日本の3メガバンクや地方銀行、ゆうちょ銀行、ネット銀行など全部で62社もあるので「使っている銀行口座が対応していない」という心配もなく安心です。

LINE Payに銀行口座を登録する方法

今度は銀行口座を登録してLINE Payにチャージできるように設定します。

LINEの「ウォレット」をタップし、LINE Payの画面を表示します。

「銀行口座」をタップして、登録する銀行を選択。

今回私は、ゆうちょ銀行の口座で登録していきます。

銀行口座の登録のために、必要項目を全て入力します。

入力が完了したら、最後に「次へ」をタップ。

 

次に、銀行の利用規約を読んで「同意」をタップ。

銀行口座の本人確認の画面で、入力に間違いがないか確認したら「進む」をタップ。

本人確認のためにキャッシュカードの暗証番号を入力します。

暗証番号を入力すると、銀行口座の登録が完了して、LINE Payにチャージできるようになりました。

銀行口座の登録は3分くらいで終わりました。

登録するときは、予め手元にキャッシュカードを用意しておくとスムーズに登録できます。

LINE Payに登録した銀行口座の確認方法

LINE Payに登録した銀行口座を確認するには、ラインペイの一番右下の「設定」をタップ。

 

するとこの画面になるので「銀行口座」をタップ。

 

「銀行口座」をタップすると、あなたが登録している銀行口座が表示されます。

ここの画面で、他の銀行口座の登録もできるので覚えておくと便利です。

 

登録した銀行口座からLINE Payにチャージする方法

銀行口座の画面からチャージできます。

登録している銀行をタップ。

チャージする金額を設定します。

「確認」をタップすると直ぐに設定した500円が登録した銀行口座からチャージされました。

チャージされた金額は「残高履歴」やLINEウォレットのトーク画面で確認できます。

銀行口座の登録を設定しておくのがベスト!

LINE Payを便利に利用する上で、銀行口座の登録は必要不可欠と言っても良いくらい、登録していないと損です。

「別に友達に送金も、割り勘の機能も使わないから・・・」と思っていても、ポイントが還元されないのは勿体無いことですよね?

更にLINE Payの残高を出金できないと言う点もかなり大きいです。

銀行口座を登録しておけば、チャージをするのにわざわざ寒い中コンビニに行く手間もかからないので、銀行口座を登録しておきましょう!