トントン拍子

学生時代、箱根駅伝を目指していたサラリーマン。趣味はマラソンとゴルフと嫁いじりです。

福岡国際マラソン2017 出場選手・予想・結果

いつかカムバックして福岡国際マラソンを走りたい。
トントン (@run_ton_ton)です。

今回は注目選手が勢ぞろいの福岡国際マラソンについて出場選手やレースの展望を描いていきます。

f:id:tsutsutsuno2:20171202075315p:plain

福岡国際マラソン2017 日程とコース

日時 :2017年12月3日(日)12:10スタート
コース:平和台陸上競技場・大濠公園 福岡市西南部周回 香椎折り返し
放送 :テレビ朝日

福岡国際マラソン2017 出場選手

海外招待選手

氏名 所属 自己ベスト
イエマネ・ツェガエ エチオピア 2時間04分48秒
スティーブン・キプロティク ウガンダ 2時間06分33秒
ラニ・ルット ケニア 2時間06分34秒
アマヌエル・メセル エリトリア 2時間08分17秒
ソンドレノールスタッド・モーエン ノルウェー 2時間10分07秒
パウロ・パウラ ブラジル 2時間10分23秒
ジェイク・ロバートソン ニュージーランド 1時間00分01秒※
テクレマリアム・メディン エリトリア 1時間01分47秒※

国内招待選手

氏名 所属 自己ベスト
ビダン・カロキ DeNA 2時間07分41秒
佐々木悟 旭化成 2時間08分56秒
川内優輝 埼玉県庁 2時間08分14秒
メラク ・アベラ 黒崎播磨 2時間09分27秒
深津卓也 旭化成 2時間09分31秒
丸山文裕 旭化成 2時間09分39秒
大迫傑 Nike ORPJT 2時間10分28秒
園田隼 黒崎播磨 2時間10分40秒

一般参加選手

氏名 所属 自己ベスト
佐藤悠基 日清食品グループ 2時間12分14秒
神野大地 コニカミノルタ 1時間01分04秒
設楽啓太 日立物流 1時間01分12秒※

※ハーフマラソンのベストタイム

レース展望

久しぶりにワクワクするメンバーが揃いました。
なんと言っても注目は大迫傑選手(NiKE ORPJT)、初マラソンとなったボストンマラソンでは2時間10分28秒で3位。トラックでの世界選手権出場は逃したが、持ち前のスピードを武器に、海外勢と勝負してもらいたい。

f:id:tsutsutsuno2:20171202075406j:plain

さらに初マラソンを迎える神野大地選手(コニカミノルタ)にも注目が集まる。今年の丸亀ハーフマラソンでは大迫選手にも競り勝っている。マラソンに向けて70km走を行うなど、準備を進めてきた。

f:id:tsutsutsuno2:20171202075501j:plain

忘れてはいけないのが佐藤悠基選手(日清食品グループ)、長らくトラックの王者として君臨していたが、マラソンに本格参戦後は故障もあり苦戦している。大迫選手とは高校の先輩後輩の関係で、ここで意地を見せたい。

f:id:tsutsutsuno2:20171202075538j:plain

ベテラン勢も負けていない。川内優輝選手(埼玉県庁)は今夏の世界選手権を最後に日本代表は退いたものの、その力は健在だ。さらに佐々木悟選手(旭化成)も虎視眈々と上位を狙っている。

f:id:tsutsutsuno2:20171202075613j:plain

個人的に注目しているのが深津卓也選手(旭化成)、2時間9分台のベストタイムを持っているほか、先日行われた九州実業団駅伝でもいい走りを見せていた。今回のダークホース的存在になるかもしれない。

f:id:tsutsutsuno2:20171202075653j:plain

海外勢では昨年優勝のツェガエ選手(エチオピア)、カロキ選手(DeNA)が中心になるだろう。この2人に日本人選手がどこまで付いていけるか注目したい。

f:id:tsutsutsuno2:20171202075755j:plain

MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)について

2017年から2019年にかけて行われる指定された大会を「マラソングランドチャンピオンシップシリーズ(MGCシリーズ)」と言います。

タイムと順位をクリアするとMGC本大会出場権を得られます。

福岡国際マラソンも対象レースとなっており、MGCに出場するための条件は以下の通りです。

1~3位:2時間11分以内
4~6位: 2時間10分以内

福岡国際マラソン2017 結果(上位+日本人有力選手)

順位 氏名 所属 タイム
1 モーエン ノルウェー 2時間5分48秒
2 キプロティック ウガンダ 2時間7分10秒
3 大迫 傑 NIKE ORPJT 2時間7分10秒
4 カロキ DeNA 2時間8分44秒
5 メセル エリトリア 2時間9分22秒
6 上門 大祐 大塚製薬 2時間9分27秒
7 竹ノ内 佳樹 NTT西日本 2時間10分01秒
9 川内 優輝 埼玉県庁 2時間10分53秒
10 深津 卓也 旭化成 2時間12分04秒
12 佐々木 悟 旭化成 2時間12分40秒
13 神野 大地 コニカミノルタ 2時間12分50秒
- 佐藤 悠基 日清食品 DNF

大迫傑選手が日本歴代5位となる2時間7分10秒で3位!

MGCシリーズの出場権を大迫選手、上門選手、竹ノ内選手の3名が獲得!