トントン拍子

学生時代、箱根駅伝を目指していたサラリーマン。趣味はマラソンとゴルフと嫁いじりです。

【ランニング】帰宅ランをメリットを5つ挙げてみた!

ランニングを始めたけど、平日は仕事が忙しくて時間が取れない。休日に走りたいけど、予定が入って・・・。みたいなケースに陥りがちです。

特にフルマラソンに出場する市民ランナーの方は「走った距離は裏切らない」という言葉にもある通り、走行距離が大切になってきます。

僕も会社に入って「休日+平日の早く帰宅できる日」だけ走っていましたが、フルマラソンでは必ず終盤に失速していました。
原因は明らかな「スタミナ不足」です。

  • スタミナ不足解消のために走行距離を伸ばしたい。
  • 朝早く起きて走るのは無理・・・
  • 夜遅く帰って走るのは無理・・・


そこで考えたのが「帰宅ラン」でした。
たまたま職場までの距離が12キロぐらいだったので、これは走って帰れるなと。

やってみたら色々メリットもあったので、紹介していきます。

時間の削減になる。

僕の場合、職場から自宅まで約50分でした。
そこから着替えて10キロ走るとさらに50分と、トータルすると2時間弱かかります。
これを帰宅ランに代えると勤務先から12キロ、約1時間のランで済んでいます。

強制力が働く

朝練や帰宅後の練習をしようとすると、どうしても妥協してしまいます。
眠い、疲れている、忙しい、言い訳はいくらでも出てきます。
帰宅ランは「家に帰るため」の手段になるので強制力が働きます。
疲れていても走り出せば、意外と身体は動くものです。

走行距離が稼げる

平日3日間10キロの帰宅ランをすれば、月間120キロになります。
これに週末20キロ走れば合わせて月間200キロです。
これだけ走れば市民ランナーの方ならフルマラソンに向けて充分過ぎる距離を踏むことができます。

アップダウンを走れる

これは人によると思いますが、僕の場合は休日に河川敷やトラックを走ることが多いので、アップダウンを走る時間がありませんでした。
帰宅ランを始めてからはコースにアップダウンが多く、普段使わない筋肉が鍛えられます。
心肺能力を高めることにも繋がりますので、是非アップダウンのあるコースを探してみてください!

飯が美味い

帰宅ラン後の夕飯はめちゃくちゃ美味しい!
マラソンに向けて身体を絞っている方もいると思いますが、距離も走っているので罪悪感なく食べれます!むしろ疲労回復のために沢山食べてください

まとめ

帰宅ランはいいことづくし!
荷物が多い等のデメリットもありますが、時間が作りづらいサラリーマンの方にはかなりオススメです!是非1度検討してみてください!

関連記事

 

www.ton-ton-life.com

 

 

www.ton-ton-life.com