トントン拍子

学生時代、箱根駅伝を目指していたサラリーマン。趣味はマラソンとゴルフと嫁いじりです。

【ゴルフ】初心者が我流で初ラウンド110台を出せた訳

 さてこちらの記事にも書いた通り、ゴルフを始めたら、最初に迎える大イベント!

www.ton-ton-life.com

 

そう、ラウンドデビューです!

 

  • 打ちっ放しとは違う!
  • 後ろの組に迷惑かけないように!
  • 打っては走るの繰り返し!

 

そんなプレッシャーを周りにかけられ、余計に緊張してスコアはボロボロ・・・。
なんてケースも少なくありません!

 

f:id:tsutsutsuno2:20170823232303j:plain

 

僕は友達と一緒に初ラウンドをまわったので、プレッシャーは少ない状況でしたが、何とか120を切ることができました。練習場でレッスンを受けることもなく我流の割には、上々のデビューだったと思います。

 

じゃあ、どうやって120切りを達成したのか!?参考にしたのはゴルフ界の常識を覆す、ある理論でした!

 

初ラウンドの平均スコアって?

f:id:tsutsutsuno2:20170823231027p:plain

 

これは日本パブリックゴルフ協会が 発表したゴルフ歴1年未満の方のスコアです。

130以上の方が5割を超えています。一方で、120切りでラウンドできれば上位15%ぐらいには入れそうです!

 

初心者はスライスが止まらない

ここからは僕の経験談です。

初ラウンドに向けて練習場に行くも、打つ球はとにかくスライス!
特にドライバーはボールが90度ぐらい右に曲がっていきました(笑)

 

アイアンもトップしまくり、ダブりまくり、しまいには空振り。この時点でちょっと辞めたくなりました・・・

 

クォーター理論との出会い

 YouTubeで「ゴルフ スライス 直し方」で検索したところ、桑田泉プロの「ウォーター理論」に辿り着きました。

※桑田プロは元巨人の桑田投手の弟さんです!

 

このクォーター理論を簡単に説明すると・・・

  • ダフれ
  • ボールを見るな
  • 手打ちしろ 

とこれまでの常識とは真逆の指導をしています!

 

www.youtube.com

 

 初ラウンドで120切り達成

 その後クォーター理論について色々調べ、練習場で実践!すると、あれだけスライスしていた球が真っ直ぐ飛ぶようになりました!

 

そうすると、ゴルフの面白さに気づきます!

思い通りの球が打てると気持ち良い!

 

そしていよいよコースデビュー・・・

 

なんとか120切りを達成!

 

コースに出ると「これカップまで辿り着けるのか・・・」とマジで不安になるけど、クォーター理論を実践したら、納得のコースデビューが出来ました!

桑田プロの本も出ているので、是非参考にしてみてください!